調所広郷の下で骨粕方を務めた黑岩藤右衛門

調所広郷の下で天保の薩摩藩財政改革を推進した海老原清煕は、指宿を訪れた際に鯨骨・牛馬骨肥を扱う田良の黑岩家に宿泊。当主藤右衛門の所見に触れて、農業生産性の向上を図るべく調所に肥料の骨粕方の設置を進言します。海老原案は容れられ、黒岩藤右衛門はその運営を任されました。

関東ヨリ東海道・志州・紀州・五畿内・四国・中国・三丹・因伯・北海・壱岐・対馬・九州五島迄モ、皆残ラス黒岩カ一手ヲ以テ輸入ノ道ヲ開キ盛ンニシテ、藩内各所ニ支店ヲ設ケ、培養ヲ(ホシヒママ)ニ用ヒタルヨリ菜種子ノ一種ニテモ出産弐拾万石ニ及ヒ、其他ノ産モ夫ニ類シ、大ニ農民ノ利トナリシコトナリ、

海老原清煕履歴概略“〇一四 黒岩ガ一夕ノ話ヨリ大ニ国益開キシ事等

薩摩藩天保改革関係資料 一,鹿児島県史料集 第39集,鹿児島県立図書館,1999

嘉永4年に斉彬公が砲台建設候補地を巡見された際の指宿での日常を記録している“山田爲正御供日記”には、霜月廿一日に黑岩政右衛門より到来物があった旨、廿ニ日の項には山川の佐々木善右衛門、河野覺兵衛、湊の濱崎太平次等と共に黑岩政右衛門と斉彬の間で進物のやりとりがあった旨が記されています。18511213・14日です。

“斉彬公史料 第三巻(鹿児島県史料,1982年)”に引用されている“黑岩堅藏家記抄”の注記に

黑岩ナル者元来指宿郷摺ノ濱浦人テ、政右衛門ト呼ヒ、屈指ノ商人ナリ、琉球諸島往来ノ為メ、大小船数艘ヲ所有セリ、少シク才学アリテ尋常の商買アラス、国亊力ヲ尽シ、私財ヲ(ツヒヤ)シタル巨額、其功ヲ以テ城下士籍召出サレ(調所笑左衛門カ執政中)、而シテ内外財政ノ下吏レタリ、

とありますから、ここにある政右衛門(堅藏)と藤右衛門は同一人物かと思われます[1]

“黑岩堅藏家記抄”には、

御先代様二月田御光越中、所々御手ヲ被為付候(民政改良ノ部詳記ス)、就中二俣山(二月田ヨリ西方当リ、五十町余)御用水(池田ノ池水灌漑)、御茶屋内ヘ御取入、其末農家田水被仰付候様、懇々私ヘ御内命被仰付相勤申候、右費用私ヨリ仮払仕置候丶、追テ御下ケ可被仰付旨被仰付置候ヘトモ、私金ヲ以相弁切申候、

全体用水乏敷(トボシキ)場所柄、始テ水源尋出候節別テ御満悦テ、御前モ山ノ絶頂ヘ御登リ相成リ、中々恐縮至極之至奉在候、入費等私ヨリ相弁切ル、

考証 黑岩()藏家記抄(安政五年,斉彬公史料 第三巻,鹿児島県史料,1982

と記されています。安政五年は斉彬公の没年であり、“御先代様”は、内容より推して斉彬公を指していますから、調所失脚・自裁後もその財力を頼られてはいたようです[2]

まぁ、5.5Kmに亘って拓いた水路に石樋を通し、農業用の灌漑施設までを整備する規模の土木工事が自腹となるようであれば、天狗の祠も黑岩家の勘定で祀られたものではないかと・・・。祠下の岩塊群も、その際に納められた建造物の遺構なのかもしれません。天狗の祠の近くに、“大天狗の碑”と呼ばれる石造物もあったそうです。

弥次ヶ湯に移設された旧黒岩家の門構え ただ、“山田爲政御供日記”に記録されている嘉永四(1851)年の巡見の際、斉彬公は霜月一日(1123日)に山川入り。翌日から出立の廿四日(1216日)まで指宿に滞在されていますが、この間に黑岩家の名前が見えるのは先の2日。一方、濱崎太平次は9日に亘ってに表れますから、調所の時代が終わり斉彬の代になって島津家と黑岩家との縁は多少薄くなった可能性があるかとも思われます (山川の河野・佐々木家の御目見得は3回です)。

上吹越の黒岩藤左衛門奉納の石灯篭 1942(昭和17)年の揖宿海軍航空隊基地建設に伴う田良地区強制移転により、黑岩家の記録や家財は殆どが散逸してしまったそうですが、かつての黑岩家の門構えは十町弥次ヶ湯湯の個人のお宅に移築されて残っています。また、上()(ごし)公民館敷地内の社に残される灯篭一対には“黒岩藤左衛門”の銘があります。“文久三年癸亥十一月(18631211~186418日)吉日”とありますから藤右衛門からは代が下り、島津家も29代忠義の時代です。

藩政の終焉と共に、黑岩家は港の濱崎家、山川の河野家同様、かつての威勢を失っていきます。

 

指宿煙草の濱田金右衛門

明治に入って藩制時代の政商が衰退していく一方で台頭してきたのは、指宿煙草の取扱いにより一代で財を成したといわれる濱田金右衛門です。

明治初期の指宿煙草生産量 タバコは天正或いは慶長年間に渡来し、山城國花山[3]もしくは長崎東土山[4]で栽培され始めたとされており、鹿児島では“おはら節”にも唄われる国分のものが有名ですが、近世には“揖宿煙草”も知られる銘柄となっていました。“指宿ノ如キハ近年薩摩地方ノ評判別シテ良ク 山川其他ヲ合シテハ年々七拾萬斤ニモ登ルヘキ巨額産スレドモ少シモ他所ニ輸出スルコトナク悉ク地潰シノミニ賣捌キ常ニ引足ラザルガ如クナル勢アル品(青江秀“薩隅煙艸録”,鹿兒島縣藏版,1879626日,国立国会図書館デジタルコレクション)”とありますから、価格形成メカニズムや流通プロセスで他の産地とは異なるマーケティングが指向されていたようで、全盛期の濱田家は相当に羽振りが良かったかと思われます。

“嗚呼、田良の里”の巻末に1981年頃の土地台帳に基く住居図が付されています(中村俊之氏提供)。強制移転前の町並みは既に失われていましたが、同書にある中村操氏の記憶に基く“旧家屋配置図”と照し合せれば、濱田家は上・中・下屋敷を構え、かつての黑岩藤兵衛邸も濱田家のものとなっていたようです。三代目金三の代で全てを失ったという“唐様で書く三代目”を地で行くような興味深い商家ですが、残念なことにこちらも詳しい資料は残されていないようです。1898年の葉煙草専売制施行と日露戦争の戦費調達の一環としての専売制の強化(1904年)による影響もあったと考えられますから、金三さん一人に責任を負わせるのは酷にも思えますが、黑岩家御当主のお話では、あまり評判の良いお方でもなかったようです。

旧指宿郷にはいくつかの煙草神社の祠が祀られており、串木野の冠嶽の大岩戸神社の御神体を勧進したと伝えられています。何れも新しく、中では古いとされている山王神社に合祀されている祠でも大正111922)年3月、品評会での10度目の優賞旗獲得を記念して祀られた東方玉利の祠は昭和131938)年5月のものです[5]

山王神社に合祀されている煙草神社祠 東方玉利の煙草神社祠

黑岩家、濱田家共に、未だ調査が行届いておりませんが、新しい情報が得られるようでしたら、内容を更新していきます。両家代々の系図や各当主の事績についてお詳しい方がいらっしゃるようでしたら、情報をお寄せいただければ幸いです。





[1] 注記が付されている政右衛門が書残したエピソードは、知林ヶ島沖での漁を予定し、木製の人工漁礁(松瀨)を用意させた斉彬公が、大旱魃に見舞われた領民の惨状に鑑み、これを中止。松瀬を下げ渡し、鐘、太鼓の使用を遠慮していた二月田別墅付近での雨乞いもお構いなし、として一同大いに感謝したというものです。
[2] 二俣山からの水路開鑿は斉彬襲封(嘉永41851>年)直後に実施されたようです。脚注1にもある大旱魃は安政51858)年に発生しており、この記事も斉彬公史料第三巻の安政五年の章に“考証 黑岩()藏記抄”として引用されていますが、ここで触れられている灌漑工事は、安政の利水事業とは異なるものと考えられます。

尚、“嗚呼、田良の里(記念誌発行委員会,19871030日)”は“指宿の三富豪”の項で、濱崎太平次と共に田良浦の黑岩藤右衛門、浜田近右衛門を挙げ、中川路九萬一編“薩摩半島史跡名勝写真帖(19426月)”に拠るものとして、“藤右衛門さんの代であったか、磯、島津邸の本宅一切を献上”したという逸話を紹介しています。磯の仙巌園は島津家19代光久によって萬治元(1658)年に築かれており、改築された可能性はあるものの、信憑性は量り兼ねます。中川路九萬一は正体不明の人物で、寡聞にして“薩摩半島史績名勝写眞帖”なるものを見掛けたこともありません。伊賀倉俊貞の“校正麑島外史(国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能です)”のような胡散臭い与太読本の類ではないかという疑念を拭いきれませんので、このサイトで参考資料として採用することは控えていますが、御当主に拠れば、この話は黑岩家にも伝わっているようです。

[3] 烟花(タバコ),貝原益軒“大和本草”六 藥類,1709年,国立国会図書館デジタルコレクション
[4] 煙草,寺島良安“和漢三才圖會” 第九十九,1824年,国立国会図書館デジタルコレクション

播州服部之産第一泉河新田之”とし、薩州國分も、上州高崎、和州吉野、甲州小松萩原、信州玄古、丹波大野と共に“其名”に挙げられています。吉野、丹波は、貝原益軒の“大和本草”でも、花山に続いて栽培が始まったとされている地域です。

[5] 旧今和泉郷の豊玉媛神社に合祀されている煙草神社の祠には“文政十一年四月十三日(1828526日)奉進納 願主 小牧村新久保庄兵衛”の紀年銘があります。


Copyright © All rights reserved.