入野溶岩

開聞岳からの入野溶岩台地 池田断層の南端近くには、小型の台地地形を形成する溶岩体が鬼門平(おんかどびら)断層崖に連なる形で拡がっています。右の画像をクリックすれば、入野溶岩に接する鬼門平断層崖の露頭をご覧頂けますが、これが宇井(1967[1]にある“南落ちの東西断層”であるか否かは確認されていないようです。

入野溶岩台地の露頭

上部が耕作地として利用されていることもあり、溶岩流の原地形は失われており、阿多火砕流堆積物との序層関係も不明ですが、台地沿いに東側を(おろん)(ぐち)に向かう道路の崖で輝石安山岩溶岩の露頭を確認することができます。

年代値はなく、古期指宿火山群として分類されているのは、岩相とほとんど熱水変質がみられないという観察結果によるものです。





[1] 宇井忠英“鹿児島県指宿(いぶすき)地方の地質”,地質学雑誌 第73巻 第10号,196710

Copyright © All rights reserved.