入戸火砕流堆積物

“入戸”は国分市にある地名で、山本温彦・大木公彦・早坂祥三“鹿児島県入戸火砕流および吉野火砕流について(鹿児島大学理学部紀要(地学・生物学),No.1119781230日)”も英文タイトルが“On the Ito and the Yoshino Pyroclastic Flows in Kagoshima Prefecture”とされている等、“イト”と発音されるのが地質関連の文献では一般的です。沢村孝之助が“5萬分の1地質図幅説明書 国分(鹿児島-第82号)(地質調査所,1956)”で命名した“入戸(いと)軽石流”に振られているルビが呼称の由来のようですが、現在、公式には“イリト”だそうです。霧島市観光協会のサイトのエリア紹介ページのうち“入戸(いと)火砕流模式地”にバス停の標識の写真があります・・・“(いり)()”です。薩摩言葉には撥音便化が多いので、現地では“いっと”と発音されているのかもしれません。[1]

閑話休題。

瀬崎の入戸火砕流堆積物露頭 “入戸火砕流堆積物”は、溶結本質岩塊層と非溶結の火山灰層、及び異質岩塊より成る姶良カルデラ由来の地質ですが[2]、南薩に分布するものは殆どが火山灰層。錦江湾に面した台地地形を形成する所謂“シラス”です。鹿児島市に近い瀬崎、岩本、小牧の一部を除けば、指宿はその後の池田火山、開聞岳火山の活動による噴出物に覆われることから殆ど露頭がありませんが、鹿児島市からの国道226号線沿いに、喜入にかけて延々と観察ポイントが続きますし、そのまま指宿を過ぎて頴娃に入れば、馬渡川河口から加治佐川河口にかけての南薩台地も“シラス台地”です。正月の松飾には雪に見立てたシラスをあしらうという風習もあったようですが、土壌改良の結果、頴娃でも入戸火砕流噴出物の露頭を確認することは困難になってきています。

これまでのところ南薩台地(頴娃)では満足できるだけの画像を確保できていないことから、取り敢えずは喜入に近い瀬崎のもので代用しました。いずれ満足できる露頭を頴娃で確認できれば、それに差替えたいと思っています。

池田 et al.1995[3]は、宮崎県高崎町迫間で採集された試料の炭素14法による測定結果に基き、地質年代を24,380±1,180年前としていますが、同地の試料からは、より新しい年代値も得られています[4]

開聞岳由来の指宿の“コラ”と共に、頴娃の“シラス”は農業従事者にとって生産性向上の阻害要因となり、それぞれがその改善に取組んできました。南九州市と指宿市の農業生産額の内訳は、それぞれの地質遺産の特性と、これに対応してきた先人の努力を反映したものでもあります。 南九州市と指宿市の農産物生産額内訳





[1] 似たような話は指宿にもあります。鬼界カルデラ由来の幸屋テフラの“幸屋”は、地質関連の文献では“コウヤ”ですが、当地では“コヤ”です

まあ、“雪丸(ゆんまい/ゆきまる)”、“狩集(からすまい/かりあつまり)”のバス停とかもありますから、“大概大概(てげてげ)”で。

[2] 荒牧重雄“鹿児島県国分地域の地質と火砕流堆積物”,地質学雑誌 Vol.75 No.8,日本地質学会,1969
[3] 入戸火砕流堆積物の推定年代値表 池田晃子・奥野充・中村俊夫・筒井正明・小林哲夫“南九州,姶良カルデラ起源の大隅降下軽石と入戸火砕流中の炭化樹木の加速器質量分析法による14C年代”,第四紀研究 Vol.34 No.5,日本第四紀学会,1995。実際には、9種の試料について表のような測定結果が得られています。
[4] 22,540±590年前(井村隆介・古賀政行“霧島火山および入戸火砕流の14C年代”,火山 Vol. 37 No.2,日本火山学会,1992)。

また、荒牧(1965)には、薩摩川内市樋脇町市比野(旧薩摩郡樋脇町市比野)の試料の14C年代として、16,350±350年前という、極端に新しい値が示されています(荒牧重雄“姶良カルデラ入戸火砕流の14C年代:日本の第四紀層の14C年代 ⅩⅩⅡ”,地球科学 Vol.1965 No.80,地学団体研究会,1965)。


Copyright © All rights reserved.