874年火砕流・土石流堆積物

秋七月丁亥朔。二日戊子。地震。』大宰府言。薩摩國從四位上開聞神山頂。火有リ自燒ス。煙薫天滿チ。灰沙雨ノ如シ。震動之聲百餘里聞コフ。社近キ百姓震恐シ精ヲ矢フ。

日本三代實録 卷二十六 起貞觀十六年七月盡十二月

国立国会図書館デジタルコレクション

大宰府からの報告として72日(新暦821日)の項に記されていますから、噴火はそれ以前に発生した可能性が高いと考えられ、同月29日の条に、

去三月四日夜。雷霆響ヲ發ス。宵ヲ通ジテ振動ス。遅明天氣陰蒙。晝暗ク夜ノ如シ。時()リテ沙雨ル。色聚墨ノ如シ。終日止マ不。地積ル之厚ミ。或處五寸。或處一寸餘可。昏暮及ブ(コロ)。沙變ジテ雨ト成ル。禾稼(カカ)之ヲ得ル者皆枯損至ル。河水沙(マジ)リ。更盧濁ヲ爲ス。魚死スル者數無シ。人民死魚ヲ得テ食スル者有リ。或死シ或病ム。

とあるものも同一の現象に関する報告であるとすれば、新暦329日のことになります。

729日の項にあるものが開聞岳の噴火であれば、噴火翌日の降雨によって土石流が発生した模様で、橋牟礼川遺跡で1988年に発掘された貞觀の噴火による倒壊建造物跡にも、スコリアの重みで崩落した屋根の下に細粒堆積物の流入が確認されているそうです[1]

874年の噴火に由来する噴出物は、鉢窪(貞觀の噴火以前に形成された主山体の火口跡)の下、北西から南東にかけての主山体南部に拡がり、海岸部で開聞岳南溶岩を覆います。藤野・小林(1997[2]では、貞觀の噴火によって発生した火砕流により従来の火口が南側に拡大し、噴出物が主山体南部を流下したと想定されています。

枚聞神社も罹災し、ご神体は、揖宿神社(新宮九社大明神)に避難されました。

大平ばえ東で開聞岳南溶岩を覆う874年開聞岳噴火の噴出物 五十六代清和帝 貞観十六年甲午七月 長主山就震火、御神託之訳依而(ヨリテ)、同十日枚聞宮準シ、八社勧進奉、新宮九社大明神()本跡(オコ) 縁起之神道記ヲ神祇相続、継目之節 西宮ニ拝詣奉リ 直ニ神祠冠服之宣命 規格相定、至今 神道之宮領無他、恒例的々相承仕來候。新宮社 近里之地名 宮与申候。

薩刕揖宿開聞新宮由緒 末社 旧記棟札写

寛政九年九月二十八日17971116日)

これに拠れば、七月一~九日(820~28日)の間に噴火が発生し、十日に御神体が移されたことになっていますが、明治四年未十一月(18711212~187219日)の揖宿神社祭神幷其外取調帳の記載は、

貞觀十六年有、長主山之焼烟薫、満天灰砂 雨、震動之聲 萬余里コフ、比崇而(オコシ)二十戸、此事以神託 霜月十日揖宿郡()勧請奉、今于至、十一月十日之祭会 定例爲也。

と、遷宮は1226日です。

開聞岳の噴火とこれに伴う遷宮共に貞觀十六年の出来事であったことは間違いなさそうですが、何れも正確な日時は特定しかねます。[3]





[1] 成尾英仁・下山覚“開聞岳の噴火災害 -橋牟礼川遺跡を中心に-”,名古屋大学加速器質量分析計業績報告書1996
[2] 藤野直樹;小林哲夫“開聞岳火山の噴火史”,火山 第42巻 第3号,1997年。
[3] 開聞岳の噴火は、三國名勝圖會の開聞新宮九社大明神社の項国立国会図書館デジタルコレクションには、“貞觀十六年、甲午、七月、一本社記曰二月三日”とあります。また、薩藩名勝志(鹿児島県立図書館蔵)の新宮九社大明神の項では

貞観十六年甲午二月二日開聞山火を発せし時神託によて十一月十日開聞宮に準し八社を勧請し開聞新宮九社大明神と号す、

と、噴火は三國名勝図會の異説とは 1日異なる 226日ですが、共に日本三代實録の記録よりも1ヵ月ほど早く、遷宮は1226日です。


Copyright © All rights reserved.