()(はま)溶岩

池田馬頭観音の小浜溶岩露頭 鬼門平断層崖に断面が露出する、柱状・板状節理のみられる安山岩溶岩層で、古期南薩火山群を覆う形で、池田湖西部に堆積しています。通商産業省資源エネルギー庁の“広域調査報告書「南薩地域」”による推定年代値は、1985年(昭和59年度)では80±60万年前、1991年(平成2年度)では21±2万年前、18±2万年前と、極端な幅がありますが、ここでは川辺・阪口(2005[1]に従い、古期指宿火山群に属する地質としています。80万年前も20万年前も、神武天皇の父君(あま)津日高日子(つひこひこ)波限(なぎさ)(たけ)鵜草(うがや)葺不合(ふきあえず)(のみこと)(ひこ)波瀲(なぎさ)(たけ)鸕鶿草(うがや)葺不合(ふきあえず)(のみこと)836,042年に及ぶ治政(BC836,701~BC658年)の時代であったことに変わりはありません(140万年前となると、先代の山幸彦(火遠理(ほおり)(のみこと)(ひこ)火火出見(ほほでみ)(のみこと))の時代で、鬼口溶岩よりも古い地質ということになってしまいますけど)。

 

小浜溶岩を流下する集川の滝

頴娃側には(あつまり)(がわ)に向かって流下し、池田側では小浜の馬頭観音の壁面で観察することができます。

九州聯合第二回馬匹第一回畜産共進会協賛会の“鹿兒島縣畜産史(中村初枝等編,1913(大正2)年,国立国会図書館デジタルコレクション)”に、宇治川先陣に名を残す佐々木四郎高綱の愛馬は、頴娃の龍ヶ岡牧場産であるとの言い伝えが紹介されています[2]。 この連銭葦毛の仔馬は、毎夜、母馬と共に“駿逸天馬の空を行くが如”く“懸崖を飛び深潭を渉”って池田湖畔の畑を荒らしていたのですが、ついに捕えられ、その姿から池田湖に因んで“池月”と名づけられて、頼朝公に献上されるまで、この地で飼育されました。子を奪われて嘆き悲しんだ母親は、“神氣漸く沮喪し、既に飛騰自在の靈力を失ひ”、絶壁から転落して絶命したそうです。馬頭観音は、この母馬を悼んで建てられたものである、というのが伝承のあらましです。

 

四郎高綱に与えられた馬は、不本意ながら磨墨を与えられた梶原源太景季が所望していたという伏線や、源太景季が、石切を除けば大悪人のイメージが定着している平三景時の嫡子であるという先入観もあり、平家の中でも宇治川先陣は四郎高綱の姑息なやり口も見過ごされるほどに人気の段ですが、

 佐々木四郎が給はたる御馬は、黒栗毛なる馬の、究めて太う逞しいが、馬を人をも傍をはらて食ひければ、生食と附られたり。八寸(ヤキ)の馬とぞ聞こえし。

平家物語巻第九(山田孝雄校訂岩波書店版)

“宇治川先陣”

国立国会図書館デジタルコレクション

とありますから、“いけづき”ではなく“いけずき”ですし、連銭葦毛ですらありません。 平家物語画帖のうち宇治川先陣(根津美術館蔵)

源平盛衰記は“生唼”の字を宛て、出自にも言及しています。

とは黒栗毛の馬高さ八寸、太く逞しきが尾の前ちと白かりけり。當時五歳猶もいでくべき馬なり。是れも陸奥国七戸立の馬、鹿笛を金焼にあてたれば少も紛るべくもなし。馬をも人をも食ければ生と名づけたり。

源平盛衰記(大町桂月校訂至誠堂版)

“東國兵馬汰佐佐木生を賜ふ象王太子の亊”

国立国会図書館デジタルコレクション

もっとも参考源平盛衰記の“佐々木梶原池月磨墨の亊義經密謀重忠怪力の亊”では隠岐の國の生まれとなっていて、“能く池を游ぐ故池月”、“後には猪狼鹿などを喰殺すゆゑ生凄”と、異なる表記の“いけずき”への改名説も紹介されていますから何ともいえませんけど・・・国立国会図書館デジタルコレクション

“いけず/づき”伝説は全国各地に数多存在します[3]。その中でも知られるものの一つは、石橋山の合戦に敗れ安房に逃れた頼朝が、再起を期して鎌倉に戻る途中で立ち寄ったことで旗挙げ八幡とも呼ばれる東京都大田区の千束八幡神社でしょうか。近くに、洗足風致協会による“池月の像”があります。そこから直線距離で2.6Kmほど離れたところにある、同じく大田区の慈眼山萬福寺は、開基とされる平三景時の墓所に移設再建された寺院で、山門前に“磨墨像”が置かれています[4]

池田の伝承には、母親が湖に映る自らの姿を我が子と誤って飛び込む溺死バージョンもあるようですが、いけずきは現在よりも水勢が強かったであろう宇治川を流されることなく真一文字に渡りきったほどの馬です。時代は400年ほど下るものの、左馬之助光春(秀満)誉の乗切りも難無くこなせたに違いありません。心神喪失状態にあったにせよ、それほどの子と“懸崖を飛び深潭を渉”っていた母親が果たして溺れたりするものでしょうか・・・・・。

いろいろ考えるにつけ、かなり無理筋の伝説のような気がします。

 

痕跡を確認することはできませんでしたが、鹿兒島縣畜産史に拠れば、馬頭観音像の背後には延享21745)年3月小濱某[5]創建云々と彫られていたそうです。また、島津家2代忠時が承久の乱の宇治川合戦で川底の大綱を切って奮戦し功名を上げた、という史実と混同して伝説が成立しているのではないかといった考察も加えられていて、なかなか興味深い資料です[6]

頴娃町郡の馬頭観音 馬頭観音は、牧畜が盛んであっただけに頴娃に多く残されており、右の画像は郡854-1の ㈱一幸敷地内にある遺構です。頴娃町郷土誌に拠れば、平丹(ひらたん)()にあったものが、江戸時代末期に、牛馬の競売が盛んであった吟ノ場に移され、1972年にまた現在の場所に移設されました。元禄61693)年癸酉6月吉日とあります。御神体は、枚聞神社に祀られているとのことでした。





[1] 川辺禎久・阪口圭一“開聞岳地域の地質”,地域地質研究報告-5万分の1地質図幅-鹿児島(15)第100号,国立研究開発法人産業技術総合研究所 地質調査総合センター,2005年,
[2] 頴娃町郷土誌(改訂版;19901220日)に拠れば、牧場は天智天皇の御牧と伝えられる頴娃野、母馬の名はヤラカン号です。
[3] 公益財団法人大倉精神文化研究所の“港北区の歴史と文化(わがまち港北)”第91回“神様になった名馬「いけずき」”(20067月)では、全国39ヵ所で“いけず/づき”伝説が確認されています。
[4] 馬込の伝承に拠れば磨墨はこの土地の産で、亡骸を葬ったと伝えられる場所にも“磨墨塚”があります(萬福寺山門より南東約420m)。ただ、磨墨伝説も全国に存在しますし、源平盛衰記国立国会図書館デジタルコレクションでは、陸奥國三戸立の馬です。
[5] 現地説明板に拠れば、二之丞。
[6] 島津家には兼永銘の太刀綱切丸が伝わっているそうです。宇治川先陣は元暦元/寿永31184)年(平氏は元暦の年号を使用しませんでした)、承久の宇治川合戦は承久3612日(新暦1221710日)です。“鹿兒島縣畜産史”には島津忠時が“先陣に馬を馳せて川を渡り”とありますが、承久記に拠れば、残念ながら、先陣は佐々木四郎左衛門尉信綱、もしくは芝田橘六兼能です。次に六騎とおそらくは秋庭三郎。更には七騎、また四騎のうち二騎と打渡し、何れの強者も名を残してはいるものの、その中に島津忠時は見当たりません。これに続く武者が次々と流れの中に姿を消した後、“其後、馬次第ゾ渡ケル。・・・<略>・・・・・嶋津二郎・・・・・<略>・・・、是等ヲ始トシテ、宗徒ノ者共九十六人、打連々々渡シケルガ、助カル者ナク、流者多カリケリ承久記国立国会図書館デジタルコレクション”。二〇三高地の原点のような惨状ですが、忠時は三郎兵衛尉で、文永91272)年没ですから、その中に名を連ねる嶋津二郎は別人かと思われます。
肥後國人吉の相良家にも“綱切(銘宗吉)”が伝わっているようですが、佐々木信綱等と先陣を争った(“球磨郡誌”,熊本県教育会球磨郡教育支会,1941年,国立国会図書館デジタルコレクション)とされる相良長頼も承久記には名前がありません。
尚、元暦元/寿永3年の宇治川の合戦で先陣の功を上げた佐々木四郎高綱の“綱切”とされるものは、“詳註刀劔名物帖(羽皐隠史,1913年,国立国会図書館デジタルコレクション)”に拠れば三振り存在していたようで、刀工にも諸説あるとのことです。

Copyright © All rights reserved.