松原(まっばん)()溶岩

藤野・小林(1997[1]で命名された、開聞岳からJR九州指宿枕崎線の東開聞駅にかけての開聞十町松原田地区の地質です。十町溶岩に隣接して新川にかけて広範に分布し、溶岩台地地形を形成していますが、耕地化が進んだことで露頭は多くありません。テフラ層位7a3に覆わていることから2,300年ほど前の噴火活動によると考えられる玄武岩溶岩で、同11a・bの下位にある十町溶岩(1,500年前頃)よりも古い地層です。

松原田溶岩の露頭

松原田の観音寺石造物遺構群

松原田にはかつて観音寺があったとされ、その遺構と思われる石造物が観音山(かんどんやま)の営農研修館敷地内に保存されています。六地蔵塔にある紀年銘は大永ニ年壬午八月(152291~29日)。アステカ帝国滅亡の翌年ですが、寺院が存在していたことが記録されている延享三(1746)年の開聞山古事略縁起にも“往古”と記されているだけだそうですから、正確な建立・廃寺の年代等は詳らかではありません。紀年銘には藤原姓が見え、藤原氏の一族がこの地域に流れてきたという伝承もあるようです。







[1] 藤野直樹・小林哲夫“開聞岳火山の噴火史”,火山 第42巻 第3号,1997

Copyright © All rights reserved.