20104月、指宿の自然・歴史・文化・産業などをはじめとする多くの魅力的資源について楽しく学ぶとともに,指宿の文化的発展のために必要な活動を通じて,それらの資源を守り、育て、次世代へと継承していく仕組み作りに寄与することを目的として、“いぶすきジオパーク研究会”が発足しました。当初は、3年間の活動の後、日本ジオパークネットワークへの加盟申請を視野に入れた段階で、指宿市に活動を移管する予定だったのですが、そのうち市側に熱意が全く感じられなくなり、2012年度から、毎年度末に一縷の希望をもって1年づつ活動期限を延長してきた研究会のメンバーも、ついに見切りをつけました。日本ジオパークネットワークへの加盟は自治体の意思決定を前提としていますが、その自治体に意欲がないのであれば、このような自治体と協力して活動を続けて行くことに意味はありません。とはいえ、存在の痕跡さえも残らないというのは余りにも残念ですから、今後は、自然と共生を目的に指宿市の自然資産の調査・保全、市民活動による地域文化の継承と創造を目指している NPO法人“縄文の森をつくろう会”と統合し、活動を継続していくことと致しました。

このサイトは、ミシュラン(Michelin Voyage®)の旅行ガイド“Guide Vert®”のように、訪問地の興味のあるスポットを、時間にとらわれることなく自由に周りたいという方のための情報は提供できないか、という視点を発想の起点として構成しています。このため、内容につきましては、自治体所属組織から提供される情報を下請けとして無条件に転載する形で構成されていた、上から目線の旧いぶすきジオパーク研究会のものとの関係は一切ございません

霧島ジオパークと桜島・錦江湾ジオパークが統合に向かって検討を開始し、この流れの中で三島村・喜界カルデラ・ジオパークの動向も注目されるといった状況で、自治体が推進するつもりもない“ジオ・パーク”を冠することには恥ずかしさしか感じませんし、これまでに“研究会”と名乗れるほどの“研究”実績もなさそうですから、“研究”の文字も外し、“縄文の森をつくろう会”として活動の方向性を模索していきます。重ねて申し上げますが、当Webサイトは、既に消滅した旧“いぶすきジオパーク研究会”ではなく、“縄文の森をつくろう会”によって自主的に運営されております。旧“いぶすきジオパーク研究会”のサイト(http://ibusuki-geopark.net)は、会の消滅後も、更新・拡充される見込みもない自治体所属組織情報を提供し続ける幽霊サイトとしてしばらくはアクセス可能となることもあるかとは思いますが、そこにある自治体所属組織提供情報に関するお問い合わせには対応致しかねます。

当地自治体の運営するサイトに関しては紹介にとどめ、リンクを設けてはおらず、引用も致してはおりません。紹介についても改善請求等を受けた場合、該当部分は削除致します。

20175

桜島・錦江湾ジオパークと霧島ジオパークのエリア統合方針が4月に発表されたことに伴い、20172月のサイト開設時に作成していた内容を一部修正しました。

ジオパーク認定が観光客数に及ぼした影響の推計 201511

<補> 推計結果を解釈するにあたっての留意点

指宿市観光政策についての考察 20163


201711月の修正に伴う追記 ~ ブラウザ対応問題>

このサイトはGoogle Chrome®による閲覧を想定しており、デフォルトのフォントを脚注を含めてHG丸ゴシックM-PR(本文)と麗流隷書(古文原典)に設定しています。お使いのブラウザ、使用環境によっては、こちらが意図するものとは異る体裁で表示されるかと思いますのでご諒承ください。共に今は亡き Microsoft Front Page®Microsoft Expression®に馴染んでいた世代が 10年以上前の記憶を辿りながら手探りで作成しているサイトなので、当初は Microsoft Internet Explorer®を標準ブラウザとして作成していたのですが、時代の現実には逆らえません。また Microsoft Edge®でのフォント、pop-upウィンドウの表示、特定のページから別ページの脚注を参照した場合の表示位置の問題等は、把握してはいるものの、現在のところ対応致しきれておらず、Mozzila Firefox®Opera®Apple Safari®を含むその他のブラウザでの閲覧についても積極的には想定しておりません(特に標準ブラウザを Apple Safari®とする Apple OS。これは管理人の環境が Windows/Android ですので他の環境での検証を怠っているという恥ずべき理由によるものです)。 山川石をGoogleで検索した場合の表示画面



201810月の修正に伴う追記 ~ SSL対応により発生した問題>

従来利用していた事業者より 20193月末でのホーム・ページ・サービス終了の通知を受けたことに伴い、契約先を変更すると同時にSSLSecure Sockets Layer)対応を図りました。サイトの正式なアドレスは、従来の http://www.geo-ibusuki.com ではなく、https://www.geo-ibusuki.com となっています。但し、両者が併存する状態となっていることから、旧アドレスでアクセスしてもコンテンツの閲覧は可能です。

これにより新たな問題も発生しました。

例えば、“山川石”を Google®で検索すると以下の情報が表示され、

山川石をGoogleで検索した場合の表示画面


ここには“福元火砕岩類”のページのURLが示されていますが、これをクリックすると、“福元火砕岩類”のページではなく、フレーム内が空のポータル・サイト(https://www.geo-ibusuki.com)にジャンプします。これは、“https”で始まるサイトからは“http”で始まるサイトにリファラーを送ることができず、指定したページがフレーム内に表示されないという技術的な問題に因るものです。上記検索結果からアクセスした場合、アドレス・バーには以下の情報が表示されており、“福元火砕岩類”のページが指示されてはいるものの、“https”→“http”の問題が発生しています(上の画像をクリックしてみてください。“http”の部分を“https”と上書きすれば正常なアクセスは可能です)。

Googleでの検索結果に従った場合に表示されるアドレス・バー


現在のところ metaタグ<meta name="referrer" content="origin">をスクリプトに書き加えるだけの対応となっていますが、今後の技術情報に留意しつつ、改善を図るべき課題です。





縄文の森をつくろう会

“縄文の森をつくろう会”は、指宿神社(〒891-0304 鹿児島県指宿市東方宮733)に事務所を置いて活動しているNPO法人です。 このサイトについてのご意見・お問い合わせ等は info@geo-ibusuki.com もしくは Facebook Geo-Ibusuki@JomonNoMori、“縄文の森をつくろう会”全般に関するお問い合わせ等は info@jomon-no-mori.com にお寄せください。

新宮九社大明神

trans 東方村に鎮座、本社 国常立尊、瑞速(ミツノハヤ)()大宮姫(オホミヤヒメ)尊、(オホ)()(ルメノ)(ムチ) 西宮(アメ)(ミコト)(ヒラカス)(ワケノ)尊 天智天皇御亊 東宮 彦火々出見尊 二龍宮 和多都美命 懐殿宮玉依姫 荒仁宮大己貴(オホフナムチ)命 当社慶雲三年丙午二月三日天智天皇崩御の時、指宿堀内両家の祖 按するに堀内家社司堀内祝人祖といふ、指宿氏当地の領主なりしにや詳かならす 神霊をこ丶に勧請し同月十日廟を建て祭るといふ、即今の西宮なり 祭数度正祭二月三日宇泥祭と唱ふ、社人宮巡あり二月十日五月朔日五月五日九月八日九月九日十一月十日神輿を守りて宮巡あり 初め天皇田良浦に御着船あり、其後魚見嶽風穴に至り開聞嶽に御幸し給ひし時逗留ありし所ゆへ神霊を勧請し奉るといへり、貞觀十六年甲午二月二日開聞山火を發せし時神託によて十一月十日開聞宮に準し八社を勧請し開聞新宮九社大明神と号す、

薩藩名勝志鹿児島県立図書館蔵;図版原版:鹿児島大学附属図書館所蔵)

 現在の揖宿神社です。薩藩名勝志の上梓は文化三(1806)年で、上の図版にある本殿は島津家27代斉興によって弘化四(1847)年に改修され、本殿横には調所広郷が奉納した手水鉢も加わりました。斉興は翌嘉永元(1848)年に岩永三五郎の鳥居も寄進しており、図版の両部鳥居は現存しません。揖宿神社(新宮九社大明神)縁起はこちらで。開聞岳貞觀の噴火に伴う遷宮については、“薩刕揖宿開聞新宮由緒”・“揖宿神社祭神幷其外取調帳”にも記録されています。





Copyright © All rights reserved.