長崎鼻(觜)溶岩

赤水岳から自生蘇鉄越しの長崎鼻(觜) 長崎鼻から赤水岳にかけて分布する輝石デイサイト溶岩で、長崎鼻から北西に当る村石(むれし)にも同質の露出があり、何れも赤水岳火山噴出物に覆われています[1]。長崎鼻は、北から南に向かった流理を確認することができる溶岩流ですが、先端部近くに断局があり、そこから先では岩礁の流理構造が東西方向となっています。

成立年代は不詳で、赤水岳火山噴出物が阿多カルデラ噴出物の下位にあることから、これとさほど活動年代が離れていない後期更新世に属する中期指宿火山の噴出物と考えられています。

村石で赤水岳火山噴出物に覆われる長崎鼻溶岩

嘉永41851)年の斉彬公指宿滞在時の記録が残されている山田爲正日記(斉彬公史料4,鹿児島県史料,鹿児島県維新資料編さん所,1983)に、霜月14日(新暦126日)に、“長崎の/か濱”の吹寄貝を集めよとの御意を受け、ご家来衆が(ちょ)(みず)まで船を出した、とあります。兒ヶ水から浜までは陸路7合。距離の単位に“合”というのが釈然としませんが、例えば利右エ門さんの墓所がある岡兒ヶ水清水から長崎鼻までの歩行距離は約2.8Kmですから 0.7里。“川尻の湊は右のかた目近く見得たり”という記載をみても、現在の九州自然歩道を辿った行程ではなかったかと思われます。

程なく長崎か濱に至り着て干潟にたち出見るに、聞しことく沖に目をさえぎる山もなく遠干潟には五彩の真砂地を埋ミ、吹きよせたまる色々のうつせ貝錦を織出たる如し、ミなをり立て貝を拾ふ、実に興に入たり、夕日既傾き、帰路遥なればたち帰りなんといへとも、名残を惜て止ず、再三催したて丶漸々立去り、拾ひ集めたる花貝を手籠・手桶なと入れ、荷ひて兒か水に帰り、先の舟に打乗てこき出す、

山田爲正日記類嘉永四年島津斉彬下潟巡見御供日記

斉彬公史料4,鹿児島県史料,鹿児島県維新資料編さん所,1983


皇后来(こごら)川尻とは趣が異なりますが、なかなかの景観であったようです。

 

最初の画像にある赤水岳の自生蘇鉄は、竹山のもの同様、特別天然記念物です。山頂近くに、安永64月(新暦177757~64日)の秋葉山供養塔があります。アメリカ独立戦争が始まって2年目です。

長崎鼻裏の秋葉山供養塔 この地域では秋葉(あっか)(どん)は気の荒い男性神で刃物を嫌うという言い伝えがあることから、鎌などを扱う人々はお詣りを控えていたそうです。このため祠を祀る風習も絶えていましたが、ある時、尾掛の巫女から、神様がお怒りで、このままでは恐ろしい祟りがある、というご託宣が伝えられました。幸いその頃から周辺の開発が始まり、鳥居が建てられて消防団団員による定期的な参拝も始まったことで、今のところ鎮まっておられるのではないかとのことです。

尾掛の巫女は、無足どんのご託宣を伝えられた方と同一人物でしょうか。尾掛と赤水岳は直線距離で13Kmほど離れています。恐るべき霊能力です。尾掛は1939(昭和14)年、1958(昭和33)年に大火に見舞われ、1945(昭和20)には空襲による火災被害も発生しました。秋葉山を畏怖する心は他の土地よりも大きいのかもしれません。

 

浦島伝説

長崎鼻の龍宮神社には豊玉姫が祀られています。旧社殿は老朽化のため解体され、2012年に一般的な龍宮のイメージを模した陳腐な社が新設されました。燈台に向かう途中にある亀に跨った浦島太郎の像と共に甚だしく景観を損なう異彩を放っていますが、この辺りは海幸彦の釣針を失くした山幸彦が鹽土翁無目籠(まなしがたま)、もしくは鹽筒老翁の八尋の鰐(日本書紀。古事記では鹽椎神(しほつちのかみ)旡間(まなし)(かつ)()()(ぶね))で龍宮へ向かった土地の候補の一つではあるにせよ、浦島伝説の拠り所は不明です。山幸彦出立の地も塩釜どんの祀られる川尻辺りとすることが妥当かと思われ、日本書紀雄略天皇22478)年の条には、

秋七月。丹波國餘社(ヨサ)管川(ツツカ)人。水江浦島子船()。遂大龜(カメ)タリ。便(ヲトメ)化爲(ナル)。是浦島(タケリ)。相(シタガヒ)。蓬仙衆(ヒジリ)

日本書紀国立国会図書館デジタルコレクション

とあります[2]。京都府伊根町の住人がわざわざ指宿にまで漕ぎ出して釣りをしたとは思えません。

謎の建造物です。






[1] 太田良平“鹿児島県指宿地方地質調査報告(地質調査所月報,Vol17 No.31966年)”の“村石(むれし)層”に相当します。
[2] 古風土記逸文(丹後,国立国会図書館デジタルコレクション)の水江(しま)()(三河筒川嶼子)は、龜比賣の化身である五色の亀を得て、この世の300余年に相当する3年間を海中の蓬山(とこよのくに)で過ごし、玉匣を持ち帰りますが、日本書紀同様、丹後筒川(管川)の住人です。もっとも、風土記は、浦島子失踪から235年後の和銅65月甲子(71363日,續日本紀,国立国会図書館デジタルコレクション)に編纂が命じられたと考えられていますから、これはこれで辻褄を合わせづらくなってしまうのですけど。

Copyright © All rights reserved.