写真の日

同年九月十六日、天氣晴朗寫術適シタル好天氣ナリ、正午前ヨリ御親臨御手ズカラモ御試ミ遊サレタリ、而シテ公ヲ寫シ奉リタリ、三四回シテ能ク寫シ得タリ、終テ當日二ノ丸演武場ヘ入ラセラレ候、翌十七日、天氣晴朗、午前ヨリ御休息所御庭ニオイテ(此日御上下御着服ナリ)三枚奉寫、昨日奉寫セシ數枚ト一緒御熟覧、或御側アル者ドモヘモ拜見ヲ充サレ、其内三枚御意適ヒ餘消滅スベシト命ゼラレ、其三枚山田壯右衛門ヘ御渡シ遊サレ候、是安政四年丁巳九月十七日ノ事ナリ、

島津齊彬言行録 第一巻 “撮影術一名寫眞御開ノ事、幷、御眞影奉寫ノ事實”

岩波書店,1944115日(国立国会図書館デジタルコレクション

ということで、これを書き記した市來四郎(正右衛門)広貫が宇宿彦右衛門と共に斉彬公の御姿を撮影したのは安政4916~17日。新暦1857112~3日です。

ところが、斉彬公の肖像が日本人の手で初めて撮影された写真となったことを記念して公益社団法人 日本写真協会が1951年に制定した“写真の日”は、112日でもなければ 916日でもなく、61日です。坂本龍馬の肖像等の撮影者として名高い長崎の上野彦馬の父俊之丞が天保1261日に薩摩を訪れ斉興公に拝謁した際に、この写真を撮影した、という虚説を鵜呑みにしたことに因るもののようですが、新暦の1841718日に当るこの日、斉彬公は在府で鹿児島にはいらっしゃいません。グレコ=ローマン級の捏造です(虚説の出所は上野家ではありません)。

正護寺跡(現大山神社)の斉彬公来村碑(聖駕奉迎碑) 斉彬公初の来麑は天保6622日(1835717日)でしたが、翌年218日(43日)には鹿児島を発って江戸に戻られます。次の薩摩入りは10年後の弘化3725日(1846915日)。外国船が頻繁に琉球に姿を現すことを懸念した幕府の命によるもので、翌年にかけ、山川と頴娃でも砲台建設候補地選定のための巡検が行われています[1]。その際に山川の正龍寺の末寺であった正護寺で休息されたことを記念し、昭和61931)年に正護寺跡(現大山神社)に遺徳を偲ぶ聖駕奉迎碑が建てられました。

尚古集成館に展示されている写真の斉彬公は、裃を着けたお姿です。言行録に“此日御上下御着服ナリ”とある113日の撮影でしょうか。御意にかなった三枚を渡された山田壯右衛門は、嘉永41851)年に公が指宿に滞在された折の日常を記録したものを含む御供日記(斉彬公史料4,鹿児島県史料,鹿児島県維新資料編さん所,1983 )の筆者、爲政。2018年のNHK大河ドラマ放映までは、ほぼ興味を持たれることはなかったのではないかと思われる人物です。

指宿での御供日記の内容の一部を、“照國公足跡マップ@指宿”で紹介しています。





[1] 山川では成川、福元、開聞では川尻、指宿では大山崎(五人番)、頴娃では別府に砲台が設けられました。藩主となられた嘉永41851)年、斉彬公はこれらの砲台を巡検されています。山田爲政の御供日記に記されている指宿でのご様子は、この折のものです。

Copyright © All rights reserved.