鰻池マール

鰻池マール

鰻の地獄 池田降下軽石の堆積よりも新しく、池田火砕流の噴出と同時期に、松ヶ窪、池底と共に池田湖から山川湾にかけての構造線上に開口したカルデラです(上の画像をクリックすれば、動画でご覧いただけます)。鰻池は周囲4.2Km、面積1.2Km2、最深部56.5mの湖ですが、マール全体の経口は山川マール並みの規模で、推定噴出量と比較して大きいことから、陥没によって拡大した可能性も指摘されています[1]。東の権現山成層火山体側には“地獄”と呼ばれる噴気孔も観察できる変質帯が拡がります[2]

土人の傳へに、往昔此池を開き、水田になすべきとて、一方の低處を鑿ちしに、大(ウナキ)其水口に横はりて塞きし故に、其鰻の片身を割しに、忽ち池中へ遁れ去て生活す、因て鰻池と呼ぶといへり、池中大鰻甚多し、土人是を取ることを禁ず、

鰻湯 湯性硫黄氣あり、甚熱して侵し觸るべからず、俗是を地獄といふ、土人甘薯(カライモ)を嚢に盛りて、其内に浸せば、半時に滿たずして能熟すること、鍋釜に煮るよりも、猶速なりとぞ、

三國名勝圖會 巻之二十二 四

国立国会図書館デジタルコレクション

大鰻は、鰻を食べる習慣もないとされるこの地域では捕獲も禁じられていたようですが、大鰻群生地が市指定天然記念物になっている池田湖には、中浜の観光施設が飼育している個体が複数展示されています。体長1.5m、胴回り25cmほどでしょうか。鰻を食用とすることが禁忌とされていることもないようで、この施設のレストランには鰻重もあります。

嚢に盛りて”云々は、湯峯神社(権現山成層火山体)の項でも紹介している“巣目”で、嘉永41851)年に島津斉彬が指宿別墅に滞在した際、山田爲正等の御供衆も、池田湖、枚聞神社経由で鰻池を訪れて、蒸された甘藷を賞味しています[3]。新エネルギー・産業技術総合開発機構(2009)には、鰻の巣目の画像が豊富に紹介されていますが、こちらでは日常生活の一部で、傍らで卵や甘薯を販売している巣目が道端にあれば、湯上りにお楽しみ頂けます。

NPO法人“縄文の森をつくろう会”は、佐賀の乱の戦線を離脱した江藤新平が鰻温泉に逗留中であった西郷隆盛を訪ねる際に辿ったとされる旧林道を2013年に整備して“うなっ() せご(西郷)どんのみっ()”と名付け、エピソードを紹介しながらのガイド・ツアーを毎年企画しています。午前中に指宿市駅前を出発し、鰻温泉の湯加減を楽しんで頂いた後、巣目料理の昼食となります。“縄文の森をつくろう会”のホーム・ページで随時ご案内しておりますので、ご興味をおもちの方はお問い合わせください。

 

周辺の史跡①:鰻地蔵

鰻地蔵の方柱板碑 地蔵菩薩を表す梵字が彫られた石柱に元徳41332)年とあるそうですが、確認できませんでした。吉田兼好が徒然草を著したとされる頃の遺産です[4]。元徳4年は、南朝方では後醍醐天皇により改元された元弘の2年。天皇が隠岐に流罪となり、楠木正成が千早城で蜂起しました。島津家は文保21318)年に薩摩守に任じられた5代貞久の代ですから、その威勢が及ぶ地域であったとすれば、幕府の認めていない元弘が刻されるはずもありません[5]揖宿氏も、建武4(延元21337)年に7代成栄(忠篤)が懐良親王侍従三条泰季を松尾城に迎えて南朝方に転じるまでは北朝方でした。

貞久は、正慶21333)年の元弘の乱に際しては筑紫合戦で鎮西探題攻めに加わり、倒幕の功により大隅・日向守に補任されて、建仁31203)年に乱を起こした比企能員の縁者として所領を没収されて以来、130年振りに本貫3ヵ国を回復したとされています[6]

足利尊氏は、建武21335)年[7]に後醍醐天皇に離反。九州に落ち延びます。貞久はこれを助け、延元元(南朝元号建武31336)年に楠木正成、新田義貞との湊川の戦いに勝利した尊氏が光明天皇を擁立したことで始まった、所謂南北朝時代の争乱をも臨機応変に闘い抜きました。貞治2(南朝元号正平181363)年、94歳で大往生を遂げた、島津家にとっては英傑の1人、延元2(建武41337)年に懐良親王の侍従三条泰季を迎え南朝方に転じて以降の揖宿氏にとっては天敵です。

近世に入っての大村益次郎の有名なエピソードにもある薩摩、九州に対する警戒感は、この頃から醸成され始めたのかもしれません。

1月、5月、9月の16日は、“地獄”の蓋が開く御縁日((うなっ)詣り(めぇ))です。

 

周辺の史跡②:連房式登窯跡

鹿児島大学考古学研究室による鰻の窯跡の発掘調査(2017年) 鰻地蔵から道を挟んだ高台に、登窯の遺構が残されており、20172月に、鹿児島大学考古学研究室の皆様による発掘調査が行われました[8]。“平成29年度鹿大史学会大会(2017/07/22)発表資料[9]”に拠れば、製品の特徴や窯道具よりみて、明治以降に苗代川系の技術を導入して稼行したと推定される比較的新しい遺構のようですが、この窯で焼かれたと思われる1,077点の出土遺物のうち73%に相当する783点に白色系胎土が使用されていることから、苗代川白焼(白薩摩)系の製品を指向していた可能性もあるようです。

鹿児島大学考古学研究室による鰻の窯跡の発掘調査(2017年)

2017年の調査では、登窯の窯尻(最後部)と考えられる部分が発掘されており、構造的には、3室の燃成室と燃焼室を含む連房式であったと考えられています(各室の形状、出土品等については、脚注9のプレゼンテーション資料に画像が紹介されています)。

窯体中央部が 木の根に支えられている状態となっていることもあり、これまでのところ内部の調査が行われておらず、周辺に工房が存在していたか否かも確認されていませんが、今後も調査が続けられるようですから、新たな発見に期待したいと思います。



20182月調査】 こちらは1年後の調査の画像。窯体の形状が明らかになってきました。結果発表を待って、内容を更新します(画像クリックで窯体正面の画像が拡大表示されます)。

Title
鹿児島大学考古学研究室による鰻の窯跡の発掘調査(2018年) 鹿児島大学考古学研究室による鰻の窯跡の発掘調査(2018年)





[1] 稲倉寛仁・成尾英仁・奥野充・小林哲夫“南九州、池田火山の噴火史”,火山 第59集 第4号,201412月。火口経とマグマ噴出量との関係については、SATO, Hiroaki・TANIGUCHI, HiromitsuRelationship between crater size and ejecta volume of recent magmatic and phreato-magmatic eruptions”,GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERSVOL.24NO.3FEBRUARY 11997
[2] 神谷雅晴・中川進・西村進・角清愛“鹿児島県指宿市・揖宿郡指宿地熱地域の熱水変質帯”,地質調査所報告 第259号(日本の地熱地域の熱水変質帯の地質学的研究 そのⅠ),1978年;新エネルギー・産業技術総合開発機構“地熱開発促進調査中間調査報告書 No.C-2-10 池田区東部地域(第一次)”,20083月,“地熱開発促進調査報告書 No.C-2-10 池田区東部地域(第二次)”,20093月,“地熱開発促進調査報告書 No.C-2-10 池田区東部地域(第三次)”,20103月。
[3] 山田爲正日記 嘉永4年霜月19日(18511211日)抄“道の傍小溝の流れに莚を敷て唐芋を置、忽ち煎熟して釜にて蒸たるが如し、ミな給りたり”(斉彬公史料4,鹿児島県史料,鹿児島県維新資料編さん所,1983)。この日、公は鷹狩で別行動でしたが、同月13日(新暦125日)にはご自身も鰻に足を運ばれています。
[4] 殆どの部分が1330~1331年にかけて書かれたとする説が一般的です。
[5] 鹿屋市の波之上神社には、北朝方の年号と南朝方の年号での紀年銘が記された遺構が並んで祀られています。
[6] 1203年に守護職を失った島津家初代忠久(得佛公)は、1213(建保元)年に薩摩國守護職のみを認められていました。
[7] 鎌倉幕府によって擁立されていた光厳天皇の元号正慶は、隠岐から京都に戻った後醍醐天皇によって元弘3/正慶21333)年に無効とされました。
[8] 最初の調査は20158月に実施されていますが、この時は測量・分布調査で、発掘は行われていません。鹿児島大学渡辺芳郎教授のブログ“薩摩焼な日々”に概要が紹介されています。
[9] 渡辺芳郎・石田智子“指宿市山川町鰻窯跡の調査”-発表資料プレゼンテーション資料-

Copyright © All rights reserved.