竹山溶岩

竹山の放射状節理 斜方輝石単斜輝石デイサイト溶岩により成る岩体群で、標高202m の竹山から東南東方向に同質の山塊(鳶の口;標高203.7m)と岩礁((また)川洲(ごし);標高44m)が、辻之岳・久世岳溶岩ドームと結ばれる溶岩脈上に連なり、推定形成時期は 6±3万年と、かなりレンジが広くなっています。南側に放射状節理が発達したものも確認できます(右の画像をクリックすれば、動画でご覧いただけます。画像の節理の上部は、残念ながら2016年の台風で少し崩れてしまいました。正面からの動画の左下にあるのは、自生蘇鉄の残骸です)。

此竹之山、南の方は海邊より壁立して、形状險絶なり、其高さ二町程絶頂の廣さ方六歩許、又竹山より八町許東に當り、海に臨みて一山あり、鳶之口峯といふ、形状の峻絶、竹山に類す、二山並峙つといへども、其根相連り、二山共に、陸地の方は、漸く低くして、登路あり、二山各嵓石を神體として、古松疎生せり、此兩山天狗の栖止する所なりとて、種々の靈怪あり、

三國名勝圖會 巻之二十二 七

国立国会図書館デジタルコレクション

 

無瀬浜からの俣川洲

俣川(マタカワ)() 岡兒水(オカチョガミズ)、一名湯浦山といへる處の海中に在り、六瀬濱よりは南六町餘もあるへし、 股河洲は、特に立つ大巌にて、高二十丈、回二町餘、中に洞ありて、東西に通透て、さなから門闕を開きたるか如し、廣六間、長八間、高七間許ありて、其中を舟行あり、西には海門山、南には八重嶽なと、遠く遊周て一奇勝たり、

麑藩名勝考(鹿児島県史料,鹿児島県維新資料編さん所,1982

竹山の下に船を繋ぐ船乗りは天狗の怒りをかうという言い伝えがあります。

1811(文化8)年112日の夜、鳶之口の下に停泊した薩摩藩の御用船神明丸に向かって、竹山の上空から光が飛来するや、帆柱の上に提灯を持った山伏のような姿が現れました。皆は船倉に身を隠そうとしますが、ことごとく蹴倒されて気を失い、翌朝気息を吹き返すと、帆柱が捩じ切られていたそうです(三國名勝圖會 巻之二十二 七,国立国会図書館デジタルコレクション)。

落雷としか思えませんけど[1]

毎年1月に開催される“いぶすき菜の花マラソン”のコースから見上げる竹山は、このような形をしています。
いぶすき菜の花マラソン・コースからの竹山


⚒F. IKGM 🌋@geoignさんの竹山のイメージ


こちらは ⚒F. IKGM 🌋@geoign さん2018829日のTweet。ご自身で撮影された画像とフリー素材を合成されたものだそうです。

愛媛県生まれの管理人にとっての竹山は宇和島の牛鬼だったのですが、改めて見直してみると確かに秋葉原感も・・・。




 

周辺の史跡:竹山神社

()(ちから)(おの)命、須佐之男命、猿田彦命を祭神とする神社で、1683 (天和3)年[2]3月に建てられました。当然ながら、祭神には大天狗説もあります。

竹之山神祠 山川村にあり、祭神谷山烏帽子嶽權現大天狗なり、山上に石小祠二を建つ、一は絶頂、一は山の七分にあり、

三國名勝圖會 巻之二十二 七

国立国会図書館デジタルコレクション

自生蘇鉄に覆われる竹山 7分にあるとされるのが現在の奥社でしょうか。竹山の標高は202m。奥社は145mのところにありますから、ちょうど7合目です。右の画像では右側中央のくびれの辺りとなります。4合目付近(81m)にある今の竹山神社の鳥居の手前、左側から伸びる奥社への道を少し進むと、途中(N31.18413N130.62137)、左側に南南西方向によじ登るように続く道があり、これを辿れば、正面に竹山東側から南側の崖、前方左手に長崎鼻、その間を遠景に開聞岳を臨む伏目海岸が繋ぐ景色を一望できる絶景ポイントに着きます。竹山の絶壁を覆う蘇鉄自生地は、長崎鼻同様、南さつま市坊津町、肝属郡南大隅町・肝付町のものと共に、1952(昭和27)年329日、国によって特別天然記念物に指定されました。上の画像をクリックすれば、動画でご覧いただけます。

頂上にあるとされる祠には、未だ行き着けていません。





[1] 山田爲正日記(斉彬公史料4,鹿児島県史料,鹿児島県維新資料編さん所,1983)にも、年貢米を運ぶ御用船が竹山の下に一晩停泊したところ、多数の大石が転がり落ちてきたという類似の伝聞が紹介されています。
[2] 八百屋お七火事の年です。

Copyright © All rights reserved.