赤水岳火山

赤水岳(中期指宿火山)は“フラワーパークかごしま”の背面から児ヶ水漁港を経て赤水鼻に至る山体で、南側で長崎鼻に接する蘇鉄自生地です。周辺では、長崎鼻溶岩の噴出からさほどの時間を経ず活動を開始した赤水岳からの火砕噴出物(赤水岳火山噴出物)が長崎鼻溶岩を直接覆っています。複数の溶結凝灰岩層を含む、主に輝石デイサイト岩質の軽石、スコリアより成る堆積物です[1]MATSUMOTO1943[2]では、そこで想定されている阿多カルデラの外縁の一部と考えられていたようですが、荒牧(1964[3]は、比較的小規模な火山体の局地的な活動による堆積物である可能性が高いとしています。赤水岳火山の内部構造は、左の画像で遠景となっている海食崖で観察することができます(画像クリックで表示されます)。

長崎鼻溶岩を赤水岳火砕噴出物が覆うという構造は村石(むれし)でも確認できますが、荒牧(1964)は、堆積様式よりみて、長崎鼻の溶結火砕岩が降下火砕堆積物であるのに対し、村石のものは火砕流起源であるとしています。

長崎鼻溶岩を覆う赤水岳火山噴出物
児ヶ水港の海蝕洞(赤水岳火山噴出物)

 

周辺の史跡:利右衛門頌徳碑

山川での見聞を西欧に紹介したアルヴァレスの報告には、米から造った蒸留酒(英:arrack)についての記載もあります[4] 。さつまいも渡来前の焼酎です。

さつまいもは、1712(正徳2)年に刊行された和漢三才圖會(寺島良安編,国立国会図書館デジタルコレクション)では“甘藷(りうきういも) 今云赤芋 俗云琉球芋 又云長崎芋”が、“琉球國之有薩州及肥州長崎亦多”とされています(卷之百貳)。一方、これを3年遡る1709(宝永7)年の大和本草(貝原益軒編,国立国会図書館デジタルコレクション)は、“蕃薯”に“リウキウイモ・アカイモ”のルビを振り、“今案此物長崎多シ”、続く項にある“甘藷”を“蕃薯ノ類テ別ナリ”、“此種元禄ノ末琉球ヨリ薩州渡ル”としています(卷五 二十二・二十三)。

 

“甘藷”と“蕃薯”の何れが現在の“唐芋(からいも)(鹿児島では“サツマイモ”とは称しません)”の種であったかはさておき、琉球航路といえば、“琉球の船もおほく当津に來り風便を待ち安危を伺”った山川です。島津家18代忠恒が尚寧王と事を構えた慶長141609)年の琉球侵攻も山川港からでした[5] 。指宿の伝承では、唐芋は岡兒(おかちょ)(みず)の水夫、利右衛門によって寶永21705)年に琉球から持ち帰られたことになっています。残念ながら元禄年間(1688~1704年)ではありません[6]

然れば甘藷は、利右衛門より始て傳へて得るに非ず、其以前より、既に吾邦に渡りしこと然なれども、土人は云に及ばず、吾藩人といへども、多く利右衛門を始とす、是利右衛門より始て流行せし故なるべし、

三國名勝圖會巻之二十二 二十八

国立国会図書館デジタルコレクション

前田利右衛門墓碑と頌徳碑 ともあれ、唐芋神社とも呼ばれる徳光(とっこう)神社の祭神は(たま)(かづら)(おお)御食(みけ)(もちの)命。甘藷(からいも)(おんじょ)利右衛門さんです[7] 。もともと供養堂であったものが、廃仏毀釈運動による損傷を逃れるために神社となったともいわれていますが、鹿児島神社庁に拠れば、徳光神社への改号は明治121879)年ですから、何か別の背景があったのかもしれません。 

利右衛門さんは享保475日(1719820日)に亡くなりました[8]。琉球航路での遭難と伝えられています。イングランドとスコットランドの合同法(Act of Union)が成立して、連合王国が発足した年です。墓は、徳光神社から直線距離で700m程度東南東方向に離れた岡児ヶ水清水にあります。弘化31846)年に建てられた利右衛門頌徳碑にある河野通直は、琉球の砂糖貿易で財を成した山川の豪商河野家の調所広郷による財政改革期の当主7代目覺兵衛で、河野家は、かつて利右衛門さんの奉公先でした[9] 。佐々木廣謙は、同じく山川の豪商であった佐々木家の当主。7代目覺兵衛の実父です。





[1] 太田良平“鹿児島県指宿地方地質調査報告(地質調査所月報,Vol.17 No.31966年)”の“村石(むれし)層”に相当します。噴出物の詳細な分析は、荒牧(脚注 [3])。
[2] MATSUMOTO, Tadaichi(松本唯一)“The four giganitic caldera volcanoes of Kyusyu(九州に於ける四大カルデラ型火山)”,1943219日。
[3] 荒牧重雄“鹿児島県赤水岳の地質と溶結火砕岩”,地質學雜誌 第70巻第830号,日本地質学会,1964
[4] Reverend COLERIDGE, Henry James “The Life and Letters of St. Francis Xavier”,1876Notes to Book - 2. Account of Japan by Jorge Alvarez)。寺島良安の“和漢三才圖會(1824)”には、(志やう)(ちう)の別名の一つとして、“arrack”と同一語源(アラビア語: عرق‎)と考えられる“阿刺吉(アラキ)(サケ)”が挙げられています国立国会図書館デジタルコレクション。“阿剌吉酒”の表記は、1330年に元の忽思慧が著した“飲膳正要”に倣ったものかと思われます(中國哲學書電子化計劃,原書來源:北京大學圖書館)。
薩摩は、水田耕作に向かないという地質面での制約もあって米に恵まれた土地とはいえませんし、気候が醸造酒の伝播の障害ともなりましたが、とりあえず穫れた米を蒸留酒にはしていた、というのは土地柄でしょうか。甘藷の伝来がなければ、鹿児島の焼酎も熊本の球磨焼酎に類似のものとして残っていた可能性があるかとも思えます。
鹿児島の焼酎はジオの極致です。
[5] 薩藩名勝志鹿児島県立図書館蔵は、熊野権現(熊野神社;山川福元6124)の項で、“社殿の前鳥居の内にそのかミ琉球征罸の時公送別の筵をまうけ渡海の軍士に盃酒給ひし跡なりとて竪七八間横弐間許り伏芝の所ありしを天明七年丁未の秋社殿を再興して鳥居を海辺の方に移す 旧跡をさること凡二十間 此時に及て伏芝を除き小路となし左右に土手を築きたりしと村民の語りぬ、公軍艦を異邦に渡されし程の事なれはか丶ることともあるへきことなり、今其記録伝らずとてゆへなく旧跡を除き後世故事を失ふこと惜しむへきに似たり”と嘆いていますが、熊野神社は、道路拡張工事によって更にその姿を変えました。“公”は忠恒。薩藩名勝志の山川港の図版に歌を引かれている家久(琴月公)です。熊野権現境内の本地堂には、頴娃久虎が天正151587)年に納めた棟札があったとされています(三國名勝圖會,国立国会図書館デジタルコレクション)。その年が自身の没年となるとは夢にも思ってはいなかったでしょう。
琉球侵攻時に先代義弘が来泊した宮ヶ浜の長松院は、戦勝を祈願して長“勝”院と改められたとされています。宮ヶ浜には、法印快伝の銘があることから元禄年間中頃(1690年代末)のものと考えられる、長勝院由来の加治木石(安山岩)の遺構が残されています。
[6] 三國名勝圖會国立国会図書館デジタルコレクションには、“元禄十一年、戊寅の歳、中山王より甘藷一籠を藩相種子島久基に贈りしかば、家老西村某に命じて、久基の采邑種子島石寺野に種ゑしむといへること、其家乘に載たり”とあります。1698年です(かつて種子島は熊毛郡として薩摩ではなく、大隅の一部でした)。“西村某”は権右衛門時乗。“石寺野(下石寺)”で栽培法を確立したのは大瀬休左衛門。種子島を飢饉から救った恩人で、利右衛門さんは、琉球ではなく種子島で苗/種芋と栽培法を伝えられた可能性が高いような気がします。
種子島は、現在も“安納芋”で知られる唐芋の産地です。
[7] 諡は、唐芋で享保の大飢饉(1732~)を凌いだという故事に因んでいます。明治81875)年の平民苗字必称義務令により、利右衛門さんは前田姓となりました。
[8] 墓石にある年月日に拠るものですが、寶永41707)年7月説もあり(三國名勝圖會,国立国会図書館デジタルコレクション)、墓碑の紀年銘なのかもしれません。
[9] 初代(万治31660)年~享保21717)年)、二代目(元禄31690)年~宝暦31753)年)の時代であったと思われます。河野家の出自は伊予の水軍であるとされており、確かに愛媛県、特に島嶼部が集中する中・東予地方は村上姓と並んで河野姓の多い土地です。
鹿児島の料理の味付けは全般に甘口なのですが、山川は特にこの傾向が強いとされ、河野家のお膝元として砂糖の供給に恵まれていたことに依るものとする説があります。御馳走は甘味が強いことが薩摩の風で、自家製の菓子等を供する際の謙遜した表現に、“琉球が遠ごぁんで”という言い回しもあります。

Copyright © All rights reserved.