湊川層 永宝橋近くの湊川層

幸屋から宮ヶ浜に流れ錦江湾に注ぐ湊川の河床、河岸に分布する砂礫層で、護岸工事のため露出が大きく縮小してしまってはいるものの、永吉以西の新西方側の流域の所々に残されています。7万5,000年前頃に噴出した花ノ木テフラに覆われていますが、年代は明らかでなく、MATSUMOTOの阿多カルデラの噴火から指宿火山の活動開始までに堆積した更新世の堆積岩ではないかと考えられています。

 

周辺の史跡:捍海隄(かんかいてい)

天保4年の暮も押し詰まった1229日(新暦183427日)に着工し、翌年713日(新暦817日)に竣工という、なかなかの突貫工事で建造された国登録有形文化財で、指宿小学校(西方4692-1)校庭南東側の隅に残される石碑にある指宿邑捍海隄記[1]には、“沿海一帯沙渚平淺ニシテ舟舶安ジテマル處無”とありますから、単に防波堤が造られただけではなく、本格的な港湾建設であったかと思われます。天保年間といえば、調所広郷(1776~1849年)[2]が主導した、密貿易を財源の柱とする財政改革の真っ只中です。

宮ヶ浜捍海隄

捍海隄記の最後は“公之民ニスル深慮(ニシテ)(フセ)、利、以。人而シテ又之使也”とでも読めばいいのでしょうか(公之為民深慮而善捍患與利以告民之人而又使之知其所始也)。竣工後は調所の庇護を受けた湊の政商濱崎家も拠点の一つとしたという時代背景を考えれば、そうとばかりは言えないような生臭さが漂いますけど。

画像は池田火砕流堆積物の上に残る松尾城(揖宿城)曲輪址からのもので、遠景の左が知林ヶ島、右が魚見岳、奥に大隅半島を望みます。クリックすれば、左側手前にある石灯篭の拡大画像が表示されます。

 

揖宿氏

幼少より不敵にして、兄にも所をおかず、傍若無人なりしかば、身に添えて都に置きなば惡かりなんとて、父不孝して十三の歳より、鎭西の方へ追下すに、豐後國に居住し、尾張の權の守家遠を乳母とし、肥後國阿曾の平四郎忠景が子、三郎忠國が聟になりて、君よりも給わらぬ九國の總追捕使と號して、筑紫を随へんとしければ、菊池原田を始として、所々に城を構へて楯籠れば、其儀ならば、いで落いえ見せんとて、未だ勢も附かざるに、忠國計を案内者として、十三の歳の三月の末より、十五の歳の十月迄、大事の軍をする事二十餘度、城を落す事数十箇所なり。

保元物語 巻一(黑川眞道編集文舘版)

“新院御所各門々堅めの亊軍評定の亊”

国立国会図書館デジタルコレクション

三十六差したる黒羽の矢負い、甲をば郎等に持たせて歩み出でたる體、樊も斯やと覺えて由々しかりき。謀は張良にも劣ら”ざる、お馴染み鎮西八郎爲朝です。ここにある阿曾忠景は伊作平氏阿多忠景の誤りとされていて[3]、その兄である頴娃三郎忠永の次男号次郎(五郎)忠光が、揖宿氏の始祖となります。指宿市誌(19851025日)に拠れば、前の項で触れた松尾城は、忠光の五男である3代五郎忠村による造営と推定されているようです。

 

揖宿氏は、元弘の乱に際しては、正慶2(元弘31332)年に7代成栄(彦次郎忠篤)が大友、少弐、島津勢に従い[4]、筑紫合戦で鎮西探題を倒した後、上洛してこれを届け出ています。ところが、南北朝時代に入り、延元2(建武41337)年に懐良親王の侍従三条泰季を揖宿に迎えると、一転して南朝方につき、北朝方の島津氏に対抗しました[5]

西方久保の方柱板碑 結局のところ、揖宿氏は元中9(明徳31392)年の両朝合一後、島津家7代元久(恕翁公;1363~1411年)の時代に、島津氏に被官したと考えられています[6]。指宿は、1409(応永16)年に揖宿氏8代正忠に代わって阿多加賀守に任され、島津家8代久豐(義天公;1375~1425年)の代に奈良美作守兄弟領となるのですが、奈良氏兄弟は統治不行届きを理由に久豐に逐われます[7]。その後も領主は数度に亘って交替し、頴娃氏4代兼洪によって島津氏の勢力が駆逐された時代もありました(大永五(1525)年)。頴娃攻めに屈した兼洪が島津貴久に降り揖宿の地頭職を許されたのは天文二(1533)年。兼洪はその5年後に没します。湯豐(イブ)宿(スキ)郡”とそこを頴娃家に任された“津曲美濃守”の名が刻まれる久保の方柱板碑には大願主法名珠岳玄浦とあり、それからしばらく後の天文161547)年に祀られたようです(“湯豐宿”の表記が残されている遺構のうち最も古い十町南迫田の光明禅寺にある天文121543)年の方柱板碑と同時代です)。ホルヘ・アルヴァレス(Jorge Álvares~1521の山川来航の翌年で、円相に“妙”と刻まれる、おそらくは大谷石の遺構。形状は菅山の方柱板碑に似ていますが、大振りです。

松尾城は、1571(元龜2)年に始まる伴姓穎娃家の内訌時にも證恩崩れで自刃を命じられる津曲道俊等が拠るところとなりますから、火種の絶えない地域であったのかもしれません。

松尾城は、慶長201615)年の一国一城令により廃城となりました。指宿枕崎線が縄張りの中を通過しますから、指宿のたまて箱の海側の車窓からも登城口を確認することができます。

 

今和泉島津氏

松尾城は現在の南九州市川辺町にもありました。

応永249月(14171019~1117日)、總州島津家の重臣酒匂紀伊守が河邊(川辺)松尾城で主家に叛きます。總州島津家とさまざまな軋轢のあった島津家8代久豐と意を通じてのこととされています。

久豐は戦と権謀に明け暮れる日々を過ごした当主で、その事績を記した西藩野史巻之六国立国会図書館デジタルコレクションには、襲封からここに至るまでの経緯として、概ね
総州島津家騒動
といった事件が記録されています。これだけでは何のことだかお解りになりづらいかと思いますので、詳細は上にリンクを設けている原典をご参照ください。

補足しておきますと、久世の總州家は島津家5代貞久の三男師久が薩摩守護職を継いだことで立てられた分家で、久世は3代目です。伊集院家は島津家2代島津忠時の七男忠経の四男俊忠に始まる家柄で(長子宗長が給黎家の祖となります)、弾正少弼賴久が6代目でした。伊作家は島津家3代久經の次男久長を祖とし、勝久は5代目。絵に描いたような骨肉の諍です。

上の表にある経緯からも伺われる久豐と伊集院賴久との確執には應永181412)年の島津家7代元久の葬儀もかかわっています。

久豐は、日向伊東氏への対応を巡って反目して以降、兄である先代元久との折り合いが悪く、伊集院賴久は、その嫡男初犬千代丸(煕久)に島津家を嗣がせることが元久の遺命であったと主張して、兵を率いて鹿児島に上り、初犬千代丸を喪主とする葬儀の強行を図りました。

傳云此時賴久カ軍東福寺寶方清水城邊ニ充滿ス 佐多伯耆守親久 北郷中務少輔知久 樺山安藝守教宗 吉田若狭守淸正 蒲生美濃守淸寛 伊地知民部少輔等 胥日議シテ久豐公ツク 日州穆佐アリ 輕騎鹿児島傳云 佐多若狭守 佐多美濃守 樺山伊賀守 末弘某 伊地知某 是に從元久公福昌寺伊集院犬千代 公神主 梵議死者ノ後タル者 神主ヲ奉スルヲ以テ禮トス 賴久衆寺中久豐公憤激ヘス自神主フテ葬禮賴久大(ウラ)伊集院(カヘリ)

西藩野史国立国会図書館デジタルコレクション

この後、賴久は河邊、給黎(喜入)を陥し、河邊城を久世に譲るといった、一行で済ませるには惜しい展開が続くことになるのですが、久豐による実質的な久世謀殺を機に、島津家と伊集院家の間の緊張は更に高まります[8]。最初の衝突は應永24911日(14171024日)。酒匂紀伊守の河邊松尾城に陣を構えた島津勢は、久世の嫡子、5歳の犬太郎を奉じて河邊城に拠る總州勢、援軍伊集院勢に大敗を喫しました。

(一)上手ニハ新納近江守 殿手隈江右京亮 上井筑前 八ヶ()四郎左衛門尉平郎(平良カ)討死ス、江州は甲のはちを切ひしかれ大長刀以手之程尽合戰有、傍安楽豐前●()川野土佐両人前之敵之中を切通、江州を取退る、此時平田重宗親類に勘解由左衛門尉 田鍋 津曲なんと被討て、我は城に切通、大寺 美濃守() 長野左京亮は深手負様々助る、田代肥前守(久助)は打死ス、國方者禰寝兄弟 同山本孫五郎 其外宗徒之者共數十人被討 同出羽守深手負助る 蒲生美濃入道死す、親類に中原討る、是聞候なれはさのミ不及注候、

一 下手一家和泉殿兄弟又四郎直久 又五郎忠次 給黎 猿渡其外一所而十人計打死ス、是も御内伊地知将監(重春)討る、國方に者 吉田 和田 下田 西村 此手内者數十人 栗野 菱刈打死ス

山田聖榮自記(薩摩国阿多郡史料,鹿児島県史料,鹿児島県立図書館蔵

西藩野史国立国会図書館デジタルコレクションでは

直久 親久等奮スルモノ”・・・・・

(親久は、直久、忠次等と共に久豐の本隊と分かれた別動隊に属した佐多伯耆守。元久葬儀の顛末の項にも名が見えます。)

と、その後の逆転劇を含めて久豐時代の史談のほうが圧倒的に面白いので、半端に終えてしまうのは名残惜しいのですが、ここまでは前置きです。

 

討死した重臣の中に名前のある直久は和泉家5代目の当主。忠次はその弟です。和泉家は島津家4代忠宗の次男忠氏を祖とする御一門の家柄で、(いづ)()を領したことが氏の由来ですが、川邊で討死した直久には嗣子がなく、ここで絶えてしまいます。再興に至るのは327年後の延享元(1744)年。島津家22代繼豐が、弟忠郷(21代吉貴六男)を揖宿郡のうち小牧村、岩本村、西方村、及び頴娃郡のうち池田村、仙田村等に封じたことによるもので、氏は今和泉に改められました。石高は、宝暦年間(1751~1764年)の佐多郷枦山、伊作郷田尻村、飯野郷坂本村、串良郷岩広村等の加増により1593石となっています。

 

今和泉島津家岩本行館跡 今和泉家本邸跡は鹿児島市大竜町に残されており、指宿市の旧岩本村にも宝暦41754)年に設けられた行館/別邸の遺構や没後に帰葬された歴代当主の墓所があります。今和泉家は、この他、麑府内にも田之浦、磯に別邸を所有し、現在“マナーハウス島津重富荘”となっている清水町にあった御一門筆頭重富家の別邸も、かつては今和泉家のものであったようです(このうち田之浦別邸は10代忠剛が弘化41847)年に藩に献上し、家政改革充当資金として2,000両が下賜されました。調所広郷が家老を勤めていた時代です[9])。

NHKの大河ドラマで知名度を上げるに至った天璋院篤姫は、和泉/今和泉家10代を継いだ島津家26代斉宣の三男忠剛の娘。28代斉彬の従妹に当ります。生まれは鹿児島の本邸で、数えで17の年には江戸に上りますから、ドラマで描かれたほどに指宿との縁はあったでしょうか。指宿には来たこともなかったかもしれません。ましてや小松帯刀清廉は肝属氏の流れで、宝暦年間に24清香(きよたか)が小松姓に改めた旧禰寝家の女婿です。旧禰寝家は文禄41595)年に16代重長が豊臣秀吉から吉利(よしとし)を拝領したことで本貫であった根占から転封となり、知行地が現日置市にあったことを考えれば、指宿との接点を探すことも難しそうです(帯刀は家老として在京中の文久4年26日(1864313日)に揖宿地頭職にも就きましたが、篤姫が江戸に上って8年後です)。

今和泉家は、玉里(重富)島津氏久光の四男忠欽が継いだ13代の時代に明治維新を迎えます。

和泉・今和泉島津家家譜




[1] 指宿の指の旁は、匕に日ではなく上に日となっています。
[2] 天保31832)年に家老格、9年に家老となりました。指宿神社(東方733)には、弘化41847)年に調所広郷が寄進した手水鉢があります。自裁の2年前、調所自裁の年のお由羅騒動で知られる島津家第27代斉興の時代です。
調所広郷の手水鉢は、()月田(がつでん)の湯権現にも小振りのものが奉納されています。湯権現は、これも斉興の時代、天保21831)年に、島津家別墅と共に、それまで行館のあった長井温泉から移築されましたが、手水鉢には文政113月(1828414~513日)とありますから、移築前の湯権現に納められたものです。別墅跡の隣接地には、湯殿の遺構も残されています。
[3] 島津家に仕えた山田家の7代目当主忠尚が、“山田聖榮自記鹿児島県立図書館蔵”で島津家6代氏久について述べている部分に、“如此之謂伯父鎮西之八郎為朝九州之為将軍を聟ニ取、左様之依式躰なり、阿多平四郎忠景此仁なり”とあります。
[4] 元弘3527日付島津道鑑貞久執達状写;元弘3713日付大友具簡貞宗執達状写
[5] 延元325日付揖宿成栄忠篤軍忠状
[6] 子孫におひて鹿児島ならひ而候と而元久御代に御退治有、百八十町、給黎(キイレ)四十町、並指宿四十町御料所と成、頴娃御退治有而(アリテ)御舎弟南殿御遣(オツカ)候、彼所も四十町也(山田聖榮自記,鹿児島県立図書館蔵。また、天授2(永和21376)年725日付の10代忠勝から11代将忠(正忠)への譲状案が“薩摩國揖宿郡惣地頭職亊”となっているのに対し、應永161409)年218日付の12代忠合から13代頼忠への譲状案は、単に“薩摩國指宿郡五ヶ名亊”とされています。
[7] 三國名勝圖會には、應永161409)年に、奈良氏の圧政に耐えかねて反乱を起こした領民に占拠されたこともあったという逸話が紹介されているものの(巻之二十一 十二,国立国会図書館デジタルコレクション)、應永16年は7代元久の時代で、久豊が島津家を継ぐのは兄元久が没した應永18年ですから、上の脚注6で参照している揖宿氏12代忠合の譲状案をみるまでもなく、時間的に錯綜しています。西藩野史(得能通昭,1758年,国立国会図書館デジタルコレクション)では、奈良兄弟に指宿が任せられた旨は、“先頃”とした上で、應永261419)年の項に“奈良氏治政ノ道ヲシラス騒縱シテ百姓ヲ荼毒ス 衆ソノ憂堪ス叛シテ奈良氏ヲ逐フ 揖宿大亂ル”と記載されていますが、事件から近い文明年間(1469~1487年)にまとめられた山田聖榮自記鹿児島県立図書館蔵には、“御内奈良兄弟、指宿之城衆差置(カレ)得者()、傍輩共をせき出し、一向城を持、即指宿殿(リテ)緩怠不及申(申ス)”とあるのみですから、後世になって島津家9代忠國(1403~1470年)の時代の国一揆(永享41422)年)との混同が生じた可能性もあるかとも思えます。
[8] 久世自裁後の久豐出家は、自らの行為を悔悟してのこととされていますが、如何でしょう。
[9] 指宿市役所総務課市誌編さん室“指宿市誌”,1985

Copyright © All rights reserved.